高血圧は放っておくと危険

高血圧とは体の中の血液がドロドロにの状態で、動脈硬化が始まっているため、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、血液を送り出す役目をしている心臓への負担がかかり、高血圧に。

 

高血圧は放置するととても危険です。
脳梗塞心筋梗塞など命に関わることもあります。
健康診断で高血圧と判断されてしまった人は下げるように努めましょう。 

血圧を下げる方法はどんなものがある?

それでは具体的に、どんな事をすれば血圧を下げる事ができるのでしょうか。
一般的には、塩分を控えたりする食事療法ストレスを減らす(イライラしない)方法、適度な運動をする方法があります。
しかし、現代社会において、毎日運動をしたり食事制限をしたりするのは難しい人もいます。
その場合は無理をしてストレスになっては意味がありませんので、自分のできる範囲から始めましょう。
また同時にオメガ3系脂肪酸であるDHA・EPAの摂取や、ナットウキナーゼを摂取する事がおすすすめです。

なぜDHA・EPAやナットウキナーゼがいいの?

DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)には一般的に脳の発達や目の発達に効果があります。
EPA(エイコサンペンタエン酸)の成分には血液をサラサラにする作用があります。
血栓ができるのを予防し、動脈硬化の進行を防いでくれるので、高血圧の方でもEPAの摂取を続けることでドロドロの血液が徐々に改善することに期待ができます。
DHAとEPAは、一緒に摂取することでより効果的になります。

ナットウキナーゼ

納豆のネバネバのナットウキナーゼと呼ばれる酵素には血液を綺麗にサラサラにします。
血栓を排除する働きがあるので動脈硬化の緩和にも効果的です。

 

DHA・EPAもナットウキナーゼも血圧だけではなく、中性脂肪悪玉コレステロールの減少にも非常に効果的です。

DHA・EPAとナットウキナーゼを摂取する方法

結論から言うと、サプリメントで摂取するのが一番手っ取り早いです。

 

なぜなら、DHA・EPAはイワシやサバ、マグロなど、主に青魚に多く含まれていますが、大人1人の1日の推奨摂取量はイワシなら2尾、マグロなら刺身6人前です。
毎日イワシやサンマなど、青魚ばかり食べるのは難しく、経済面から言っても続けにくいからです。

 

ナットウキナーゼにおいても、納豆を1日1〜2パック食べるのが理想ですが、毎日続けるのは困難です。
この2つを同時に摂り続けるのは現実的に厳しいでしょう。
また魚が苦手な人や納豆が嫌いな人には摂取することが苦痛になります。

 

その点、サプリだと1日の摂取目安を元に作られているので計算する必要もありませんし、魚や納豆が苦手な人でも摂取しやすいというメリットがあります。

DHA・EPAとナットウキナーゼ両方とも入っているサプリはあるの?

さくらの森が販売している「きなり」のサプリにはDHA・EPAとナットキナーゼが成分として入っています。
きなりのDHA・EPAにはマグロのDHA・EPAのほかに、南極オキアミから抽出したDHA・EPA(クリルオイル)を使用しています。
このクリルオイルには抗酸化作用のあるアスタキサンチンが豊富に含まれているため、酸化する心配もなく体内までしっかり栄養が届きます

 

そこにナットウキナーゼの成分を追加することで相乗効果が生まれるわけです。

 

また特殊製法によりニオイをブロックし、オレンジの香料を使用することで、飲んだ後も一切、魚臭さや納豆の臭いなどはありません。
魚が嫌いな人でも無理なく飲めるという問題点もクリアしています。
以上のことからきなりは血圧を下げる効果があると言えます。