高品質と評判のきなりの成分とは?

さくらの森が販売しているDHA・EPAサプリメントの「きなり」
累計販売、46万袋(2016年1月時点)を超え、さらにリピーター率も92%と人気爆発中。
評判の秘密はきなりの高品質な成分にありました。

 

きなりの全成分は下記の通りです。

  • クリルオイル
  • 納豆菌培養エキス(ナットキナーゼ)
  • オレンジ香料
  • DHA・EPA含有精製魚油
  • ビタミンE含有植物油(大豆由来)
  • ゼラチン
  • グリセリン
  • ミツロウ
  • ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6

余分な原料が一切入っていないので安心できます。
その中でも直接関係のある主な成分を詳しく説明します!

クリルオイル

クリルオイルとはナンキョクオキアミと言うエビに似た外見の甲殻類から抽出された油です。

 

実は一般的なDHA・EPAは非常に酸化しやすく、酸化してしまうと充分な効果が得られないという欠点があります。
そのためサプリ等を摂取しても効果を感じられない場合があります。
しかし、クリルオイルは一般的なDHA・EPAと違い、新鮮な状態を保ちやすいと言われています。
その理由は、クリルオイルにはオメガ3系脂肪酸アスタキサンチンが豊富に含まれているからです。

アスタキサンチン

アスタキサンチンとは海の生物に多く含まれるカロチノイドの一種、天然の赤い色素で、抗酸化力があるので、DHA・EPAを酸化しにくくするという特徴があります。
そのパワーはビタミンCの約6000倍と言われています。

オメガ3系脂肪酸

オメガ3系脂肪酸とはDHA・EPAやえごま油などに含まれるa-リノレン酸の総称です。
人が体内で作ることのできない栄養素なので摂取することが大切。
クリルオイルのDHA・EPAはリン脂質結合型です。
リン脂質結合型は水に素早く溶けると言う特徴があるため、体内においても吸収力が抜群です。

 

結果

アスタキサンチンに守られたDHA・EPAがリン脂質の性質により体内でスピーディーに溶け、新鮮なDHA・EPAが摂取できるという訳です。

南極オキアミはエビやカニとは違う甲殻類に属していますが、アレルギーのある方は、
念のためお医者さんに相談してから服用するようにしましょう。

ナットウキナーゼ

ナットキナーゼとは納豆のネバネバ部分から抽出し作られた酵素の名前です。
主な効果として、血液をサラサラにしてくれるという特徴があります。
これは血栓の予防になります。
他にも抗菌や整腸、ビタミンB群の増加などの効能があります。

ナットウキナーゼにはアレルギーを引き起こす成分は入っていませんが、
大豆アレルギーのある方は念のためお医者様と相談してからの服用がお勧めです。

オレンジ香料

魚が苦手な人にとってニオイは重要です。
サプリメントは長期に渡って飲用することが効果持続の秘訣になります。
無理なく飲めるように、オレンジ香料を使用した特殊製法はとても工夫がされています。
実際、サプリ自体にも飲んだ後にも全く魚臭さがなく、爽やかな柑橘系の香りがします。

DHA・EPA含有精製魚油

クリルオイルとは別にマグロのDHA・EPAも使用されています。

マグロのアレルギーがある方はお医者様に相談してから服用するのをおすすめします。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6

ビタミンB1は炭水化物の代謝、ビタミンB2は脂質の代謝、ビタミンB6はタンパク質の代謝とそれぞれ必要な栄養素です。
残り5つのビタミン(ナイアシン・葉酸・ビオチン・パントテン酸・ビタミンB12)と合わせてビタミンB群と呼ばれます。
ビタミンB群は体内の酵素を助ける作用があります。

まとめ

今回詳しく成分を調べた結果、以下の事が分かりました!

  • 酸化しにくく吸収力の高い高品質のDHA・EPAが使用されている
  • ナットキナーゼはEPAの血液サラサラ成分との相乗効果を生み出している
  • ナットウキナーゼは他にもビタミンB群にも嬉しい働きがある

きなりの成分にはムダなものはなく、DHA・EPAの成分がしっかりと効果をなすように、他の成分が組まれていることが分かりました。